読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paradigm Shift Design

ISHITOYA Kentaro's blog.

Rails2.1でSWFUploadを使うの続き。JSONでレスポンスの続き

rails

この記事は、試行錯誤の経過です。まとめは、Rails2.1でSWFUploadを使うのまとめ - Paradigm Shift Designをご覧ください。


Rails2.1でSWFUploadを使うの続き。JSONでレスポンス - Paradigm Shift Designの続き。
どうも、railsにはto_jsonというメソッドがあるらしいことに気がついた。

contents.to_json
{:error => "error!!"}.to_json

でいける。


しかし、SWF_Uploadとrestful_authenticationの組み合わせだとFireFoxではユーザーが特定できなかった。


動作させるためには、やっぱりSessionクラスに対するFixが必要で、
404 Not Foundのコメント欄にDavidさんという方が書き込んでいる、
#243653 - Pastie
をinitializersディレクトリに置き、コントローラーの先頭に

session :cookie_only => false, :only => :upload

と書いて、かつ、SWFUploadの設定のupload_pathに

upload_url: "<%= url_for :controller => 'contents', :action => 'upload' %>?_YourApplicationName_session=<%= u(session.session_id) %>", 

と書く必要がある。_YourApplicationNameには、アプリケーション名を入れること。ただし、session_idを変えている場合にはこの限りではありません。


というわけで、これでもう問題ないのかな?
他の対処については、Rails2.1でSWFUploadを使う - Paradigm Shift Designを参考にしてください。


まとめました。Rails2.1でSWFUploadを使うのまとめ - Paradigm Shift Design