読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paradigm Shift Design

ISHITOYA Kentaro's blog.

独自コンポーネントを利用する際のMXMLの名前空間定義

独自コンポーネントをmxmlに書くとき,名前空間を定義しないと使えない.
XML 名前空間の使用


com.semcode.stuvie.semunit.SemUnitReportEditorを使う場合には,

<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" 
                xmlns:semunit="com.semcode.stuvie.semunit.*">
  <semunit:SemUnitReportEditor  width="610" />
</mx:Application>

とすれば使えるようになるが,面倒くさがって,

<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" 
                xmlns:stuvie="com.semcode.stuvie.*">
  <stuvie:semunit.SemUnitReportEditor  width="610" />
</mx:Application>

とかすると,

source-path で見つかったファイルのパッケージ構造 'com.semcode.stuvie:semunit' は、定義のパッケージ 'com.semcode.stuvie.semunit' と同じである必要があります。

とかいわれてしまう.コンポーネントの読み込みはできるんだけど最後にこけるみたい.


なので横着せず

<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" 
                xmlns:stuvie.semunit="com.semcode.stuvie.semunit.*">
  <stuvie.semunit:SemUnitReportEditor  width="610" />
</mx:Application>

としないといけないらしい.ま,あたりまえか.