読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paradigm Shift Design

ISHITOYA Kentaro's blog.

谷川俊太郎著、二十億光年の孤独

ナツイチ」で見つけて買ってみた。

二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9)

二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9)

僕は、詩がわからない。絵もわからないが、詩もわからない。
かみしめることが大切なんだと思うけれど。
でも、なぜだか「二十億光年の孤独」だけは昔から暗誦できるのです。
ファミールのおかげなんだけれど。


谷川俊太郎が16歳から18歳までの間に綴った詩が収められていて、後から読むと英訳の詩が、前から読むと谷川俊太郎の詩が載っている。


僕は日本人なので、英訳された文章を読むと、なんだか意味や雰囲気が抜け落ちているようなきがする。
詩は分からないので、あまりコメントしたくないのだけれど、忘れていたぼんやりとした気持ちを突きつけられるような、一冊です。


ちなみに、この間の新潮社の100冊が糸井重里のコピーだというのを調べたので、なんとなく気になった。
集英社のナツイチ2008は、高崎卓馬という人が担当しているらしい。
「世界を変えよう」


19冊目。