読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paradigm Shift Design

ISHITOYA Kentaro's blog.

人類の未来とウンコ

徒然

お食事中の方,申し訳ありません.
特にカレーを食べている方,申し訳ありません.


ギャル曽根: たろ69のぶろぐ
を読んで思い出したのでちょっと書いて見る.


「カレー味のウンコとウンコ味のカレー」について.
昔,crasherと夕食後の9時か10時くらいから,明け方4時とかくらいまでずっと話していたので,よくその話が出る.


で,僕の主張としては,ウンコ味のカレーはどこまで考えても,ウンコであってそれ以外のものにはなりえないけれど,カレー味のウンコにはまだまだ未知の可能性があるということだった.


今思い出しても笑えるのは,会話の中で極論としてでてきた,
「ウンコのにおいのするikkiは近寄りたくないけど,ウンコでできたikkiを俺らがikkiとして認識できるなら,それ(彼)はikkiだろう!」
「いや,違う,それ(彼)はウンコだ!」
「例えばね,クローン技術がすすんでだよ,ikkiの完全なコピーができたときに,僕らは多分オリジナルikkiとクローンikkiを見分けることはできないだろう?ikkiがウンコでできていて僕らが見分けることができないなら,それ(彼)はikkiじゃないか!」
「いや,違うだろ,僕らがikkiとして認識しているのは,オリジナルikkiであって,クローンはikkiのまがい物だろう?ウンコでできたikkiはウンコだ!」

という・・・なんともはや・・・



で,もうちょっと考えてみた.


人間が「ウンコ味」がすると認知するのならば,原材料に関わらずそれは,もはやカレーではなくウンコでしかない,というか不味くてただ捨てられる悲しい存在だと思う.それに対してカレー味のウンコは,人間の認知を基準とすれば,カレーであるといえるのではないだろうか.
もっといえば,ウンコから再利用可能な部分を取り出して高度処理した結果,カレーが作られるのならば,形而上学的にはそれはウンコだけれど,同時にカレーであるといえる.


最近では,ウンコを再利用して新たな資源として利用することを視野に入れた研究が,いくつか行われているようで,

牛糞からガソリンやバニリンを抽出することが研究所レベルで可能になっている.


さて,地球の食糧事情は悪化の一途をたどりそうだという記事が最近よく出ている.
理由は,バイオ燃料の普及と高騰によって,本来食料として利用されるものが,燃料として扱われるようになり,結果としてアジアやアフリカの食糧事情が悪化するというものである.


糞 - Wikipediaによれば,人間は一日に150gから250gのウンコを生産するそうだ.なので,200gとして,人口1億人では20キロトンである.
世界の統計-第2章 人 口によれば,世界の人口は2005年の推計で約61億人.そのうち内約70%が15歳以上に該当する.きっと200gのウンコをするのは彼らだろうから,約43億として毎日860キロトンのウンコを,年間では,実に314メガトンのウンコを生産していることになる.


200{g}*4.3*10^9=860*10^3{t}


860*10^3{t}*365=314*10^6{t}


容積で考えると,人間一人で一日平均700ml前後ということだから,人類全体では1.1テラリットルで,1億1千万立方メートルのウンコを生産している計算になる.


0.7{l}*4.3*10^9=3.1*10^9{l}


3.1*10^9*365=1.1*10^12{l}=1.1*10^9{m^3}


これはよくある東京ドーム単位でいえば,


(1.1*10^9)/(1.24*10^6)=887.096{tokyodome}


というわけで,人類は年間887東京ドームほどのウンコを生産していることになる.
ただ,ウンコの組成は糞 - Wikipediaによれば

便のを構成する成分のうち、食べ物の残滓はおよそ5%に過ぎない。大半は水分(60%)が占め、次に多いのが代謝された腸壁細胞の死骸(15%〜20%)である。また、細菌類の死骸(10%〜15%)も食べ物の残滓より多く含まれる。

だから,実際の総量はもっと少ないかもしれない.


ちょっと補足すると,統計局ホームページ/世界の統計 第4章 農林水産業によれば,2005年度の小麦の生産量は629メガトン,とうもろこしの生産量は701メガトン,穀類全体では2200メガトンが生産されている.
年間生産量314メガトンのウンコは,世界を支える穀物生産量の約14%に相当するのである.


人類の未来を考えるのならば,ウンコは再利用されてしかるべきではないだろうか.
僕は将来,ウンコを江戸時代の様にせっせと集めるようになって,全世界的に高度処理が行われて,ウンコが再利用可能な資源であるということが認知されたとき,ウンコが原材料のカレーと,普通のカレーを区別はしない.・・・と思う.


ここまで書いて,こんな下世話なことを調べてまとめるのにすごい時間をかけている自分が情けない今日この頃・・・orz
tex記法とか初めて使ったし・・・.


ウンコが再利用されることが当然の世界では,食卓で
「また好き嫌いして!野菜もちゃんと食べて,いいウンチをしないと,明日のご飯はありませんよ!」
とかって叱られるなんてことになるのかもしれない・・・